みんなの日記‐日記を読む‐

5年生存率

2023/05/30 14:48jun
読まれた回数:228
先月で、子宮癌の手術をしてからまる5年が過ぎました。今日は5年目の念入り検査の日でした。今までは3か月に一度通院して、何か引っかかれば詳しい検査をする、というパターンでしたが、今日の検査は診察が1年に1度になるかどうかの判断をするための検査でもありました。

5年前の入院の時は、桜が咲き始めた頃でした。入院中に満開になり、ベッドから桜の花を眺めていました。哀しい桜でした。退院の日は夫が迎えに来てくれて、桜の綺麗な通りを選んでくれて家まで帰ったのを思い出します。来年は二人でお花見しよう、と言ってくれたっけ。癌の拠点病院なので、当時も混雑していましたが、今日も病院は人であふれていました。

造影剤を入れての検査があったのですが、私の場合はその後の大動脈解離で片腎になり、造影剤を排泄できるかどうか、などという事を、血液検査の値を見ながらしばらく協議されていました。結局、濃度を下げて使用することになりましたけれど・・・もっと腎機能が落ちてしまったら、検査も思うようにはできないのだな・・・なぁんて思いながら横たわっていました。

全部検査が終わり、主治医の先生から今後のことを告げられたのですが、結果は1年後の診察でOKということになりました。結果を細かく精査してみて、もし何かあれば連絡します、とは言われましたけれど、多分大丈夫でしょう、ということで1年後の予約も入れて終了になりました。

5年生存はクリアできました。その間に教会のYさんは亡くなってしまいました。そして私は大動脈解離。3度の入院手術で一番辛かったのは、この病院での手術だったかもしれません。病状としては大動脈解離の方が重篤だったのでしょうが、なにせ意識が無くて、集中治療室に長々居たのですから、周りはともかく自分自身は良くわからないうちに過ごしていたのです。子宮癌の時は、2度目の癌という事で、なんで自分ばかり、などとくよくよして、精神的にも辛かったし、肉体的にも、翌日から歩行がはじまり、痛みとの闘いもありました。・・・でもそれを乗り越えての今なのですね。生かされている命なのだと改めて感じました。

最寄り駅でお昼をいただいて帰って来ました。ランチタイムの最後に滑り込みました。
ランチセットは、サラダときんぴらの小鉢にざるうどん、それに海鮮丼5種類の中から1つを選べます。カツオのたたき丼と迷ったけれど、チラシにしました。お魚がすごく美味しいお店で、夜は居酒屋さんのようです。サラリーマンの方もけっこう食べていました。ボリューム満点で食べきれないかな、と思いましたが、とても美味しくて、全部平らげました。

夫に連絡したら、ほっとした。と返信がありました。

それにしても、病院は疲れますね。
通院回数がいろいろと減ってきて、じんわりと嬉しくなってきました。
乳癌も子宮癌も10年目までクリアできたら本当に幸せです。


jun


junさんの新着日記