みんなの日記‐日記を読む‐

弟の誕生祝いの食事

2022/11/21 15:23jun
読まれた回数:71

盛りだくさんの予定があった先週末と日曜日も、どうにか全部クリア出来ました。

最後は夕べ我が家でやった、弟の誕生祝い食事会でした。一人暮らしの次男も一番のりで我が家にやって来ました。5人の食卓は久しぶりに、にぎやかで楽しい時間でした。

 

弟には諏訪の祝賀会の時の写真やビデオを見せてあげました。親族の写真にはしみじみと、みんな年取ったなあ、なんて言っていました。光陰矢の如し。自分も年を取っているのだけれど、浦島太郎みたいな気持ちだったかもしれません。従兄の同級生のうちのお一人を言い当てたので、ビックリしました。私は名乗りあうまでわかりませんでしたから。

 

そんな話から、話題は自然に昔の事になり、私の両親や飼っていた犬の話にもなりました。夫が初めて我が家に来た時、夫は愛犬に噛まれてしまったのでした。まだ二人とも大学生で、私の留守中に合宿の荷物を取りに来てくれたのでした。母がちょっと玄関を離れたのでしょう、夫が荷物に手をかけた瞬間にガブ! 猟犬で、獲物は絶対に放さない習性でしたから、噛みついたままで、母も大慌てで焦ったのでしょう。普段は絶対に噛みついたりしないし、学校にも行った犬で、安心していたのでした。もしかしたら、私のバッグに手をかけたからかもしれません。懐かしい話で大笑いしたりしましたが、夫はずっと我が家の犬が苦手だったそうです。そう言えばステイダウンかハウスでなければ、上がって来なかったかも。妙な事も思い出しました。

 

最後、バースデーケーキの代わりにお引き出物でいただいた、菊の御紋章のついた、残月をいただきました。

やんごとなきお菓子みたい。と私が言ったのですが、弟はふ~ん。と言い、にやついていました。仕送りみんな使っちゃって親父がお金貸したり、教科書代とか特別実習とか言って、お金を送ってもらったりして、やんちゃしてたよなあ。それが褒章だもんな。などと言っておりました。学生時代、結婚、開業、きっと沢山の変遷があったのでしょう。そんな話もしながらお菓子、美味しくいただきました。きっとお兄ちゃん、ゆうべは沢山くしゃみが出たことでしょう。

   

今週も元気に過ごせますように。


jun


junさんの新着日記