みんなの日記‐日記を読む‐

レーザーポインター 土木工事の専門家

2018/11/08 23:08bingl8202
読まれた回数:44

2つの物理現象が、この奇妙な糸状伝播を説明する。第1は、光学カー効果による自己収束である。空気中では、屈折率は、周辺部よりも光の中心(光強度が最大であるところ)でより高い。その結果は、(高屈折率の)ガラスがその周辺部よりも中央部で厚い凸レンズにビームを送ることによって得られる結果に匹敵する。物理学者はこの現象を「カーのレンズ」と呼んでいます(図2参照)。 800ナノメートル(赤外線)のレーザーポインター グリーン 高出力の場合、カーレンズは、その出力が数ギガワットを超えるとすぐに空気中に現れる。

Kerrレンズを中心に、30000mwのレーザービームがより強くなります。その強度が増加するにつれて、焦点が増加し、これにより強度がさらに増加し​​、したがって自己焦点という用語が増加する。光強度が1平方センチメートル当たり1013〜1014ワットに達すると、多光子イオン化と呼ばれる第2のプロセスが始まり、空気中の酸素分子と窒素分子は多くの光子を吸収する可能性があるすぐに。後者は、数個の電子を原子から引き裂き、プラズマを生成する。

1000mW高出力緑色レーザーポインター

理論的には、これらの2つの現象は、十分に強力な連続レーザーによって引き起こされる可能性があります。しかし、実際には、必要な強度は短いパルスによってより容易に得られる。所与のレーザエネルギーパルスが短いほど、そのパワーは高くなる。言い換えれば、10000mwのレーザーポインター グリーン おすすめのエネルギーが短いパルスに集中すると、ビームの平均パワーが適度に保たれていてもオートフォーカスが効果的です。

USB充電式レーザーポインター

別の理由は、非常に短いパルスの使用を正当化する。空気のイオン化の間、放出される電子の平均密度はより低く、ビームが伝播する可能性が残る。特に、カスケードイオン化が回避され、放出された電子が隣接するガス分子に衝突し、順番にイオン化する。しかし、電子は、それらを含む空気の屈折率を減少させるのに十分であり、ビームを発散させる。

1000mW高出力緑色レーザーポインター

別々に撮影すると、これらの2つの現象(オートフォーカスまたはプラズマによる発散)は、強い5wレーザーパルスが大気中に非常に遠くに伝播するのを防ぎます。しかし、これら2つの拮抗的な効果のバランスをとることができれば、ビームは大きな距離を横切ることができます...

レーザーポインター 土木工事の専門家は、一時的な視覚効果が可能であり、取り組まなければならないと考えています。これらの効果は、グレア、フラッシュ・シールドおよび残像と呼ばれます。これらの用語に関して科学者が使用する定義には若干の違いがありますが、それらはすべて数秒または数分間続く視覚障害を指します。レーザー・インスティチュート・オブ・アメリカ(Laser Institute of America)は、レーザーポインターへの暴露がバスドライバーを眩惑させ、交通事故を引き起こすという報告を受けました。


bingl8202